So-net無料ブログ作成

メンズジャケットの種類 [メンズファッション]

ジャケットの種類

ジャケットとは「上着」の意味で用いられる言葉ですが、その範囲はとても広く、ジャケットと呼ばれる種類もきわめて多いのが特徴です。

ウエスト丈のジャンパーと呼ばれるものからハーフコート風のものまで、またカジュアルなものからドレッシーなものまで多彩な種類があります。

もともとは中世の男性用胴着であったジャック(jacque)と呼ばれる上着が小型化したジャケット(jaquette)というフランス語が語源とされ、欧米では「短い上着」を指すのが一般的とされる。ジャケットには他にCDジャケットやレコードジャケットのように「物を被い包むもの」という意味もあります。

フィールド・ジャケット(field jacket)

野戦用の上着のことをフィールド・ジャケットと呼びます。防水性があり、主にカムフラージュプリント施された布地でつくられ、機能的なポケットがついています。もとは陸軍の戦闘服であったが、レジャーウエアやタウンウエアとして採用されました。

ダウンジャケット(down jacket)

ダウンジャケットとは、ダウン(羽毛)入りで、キルティングが施された生地でできたジャケットのこと。軽くて暖かいのが特徴。
元は防寒着、作業服の一つだったが、1970年代から街着、遊び着として広まりました。


ライダースジャケット(rider's jacket)

ライダースジャケットとは、ウエスト丈のジャンパーで、オートバイに乗るために工夫されたもの。
折り返しの襟、斜めにつけられた前のジッパー留め、裾のベルト留めなどが特徴。
俗にレザー製のものを「革ジャン」などとも呼びます。

テーラードジャケット(tailored jacket)

テーラードは「男ものの仕立て」という意味で、スーツなどの紳士服の作り方を生かした背広型の上着の総称。
きわめてベーシックなメンズジャケットの代表的存在です。

カバーオール(coverall)

シャツジャケット型の上着を代表するジャケットの総称。本来は作業用の上着の一種を指す呼び名ですが、現在ではワークウエアタイプのものから、キレイめなタイプのものまで、様々なカテゴリーに対応するデザインがあります。一般的にはカバーオールジャケットなどと呼ばれていますが、カバーオールに複数形を表す「S」を付けてカバーオールズとなると、上下がつながった「つなぎ服」を意味する呼び名となります。
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。