So-net無料ブログ作成

デニムパンツの特徴 [メンズファッション]

ジーンズ(デニムパンツ)

ジーンズとは、ジーン生地つまりデニム生地を使用して作られたパンツのこと。
かつては日本ではGパンという呼び名が一般的でした。

これはG.I.が履いていたパンツでGパンとなったという説。

ジーンズを日本に紹介した人物が、ジーンのパンツの意味で「Jパン」と
名づけようとしたが、元の発音に近い「Gパン」を代用したという説。

「ジーン生地のパンツ」を略して「ジーパン」となり、
「ジー」に「G」を当てて「Gパン」となった、など様々な説があります。


ジーンズ(デニムパンツ)のダメージ加工

履き古したような色あせやキズや皺(ヒゲ)などの風合いがジーンズの魅力の一つ。

わざとやすりやナイフでキズを付けたり、何度も洗濯機で洗ったり、
接ぎ当て、刺繍を入れるなど様々な方法でジーンズにわざとダメージを加え、
個性的なジーンズを作り上げ、魅力をアピールする。

これをダメージ加工という。

昔は自分のジーンズに自分でダメージ加工を施していくのが一般的でしたが、
今では製造の段階でダメージ加工を施したものが多く販売されています。

ただ、ダメージ加工はデニムの生地を痛めるため、
通常のジーンズよりも耐久性が落ちるのは言うまでもない欠点です。


ジーンズ(デニムパンツ)の生地の厚み

生地の厚みをジーンズでは「オンス(OZ)」という単位で表されます。
ジーンズ一本の重さではなく1平方ヤードの生地の重さを表したもの。
一般には「オンス=生地の肉厚」と思われていますがそれは誤りです。

1オンス = 28.3g弱。1平方ヤード = 0.84m2。

一般的には14オンスほどの厚みが多く、しなやかな履き心地がある。
厚いほど生地は硬くゴワゴワし、馴染むまで時間がかかる。

その硬さは洗濯し天日干しすると、壁に立てかけられるほどである。
まさに丈夫で破れにくいのだが、夏場は非常に暑い。

一方作業着ではなく、ファッションアイテムとしてのジーンズでは
12.5オンス、11オンスなどが一般的です。

スキニージーンズ(スキニーデニム)

脚にぴったりとフィットした、超タイトなジーンズ。

スキニーは「骨と皮ばかりの」という意味で、
これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」と呼ばれていたが、
それよりもさらに細いということを強調してスキニージーンズと称している。

メンズデニム

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。