So-net無料ブログ作成
メンズファッション ブログトップ
前の10件 | -

メンズジャケットの種類 [メンズファッション]

ジャケットの種類

ジャケットとは「上着」の意味で用いられる言葉ですが、その範囲はとても広く、ジャケットと呼ばれる種類もきわめて多いのが特徴です。

ウエスト丈のジャンパーと呼ばれるものからハーフコート風のものまで、またカジュアルなものからドレッシーなものまで多彩な種類があります。

もともとは中世の男性用胴着であったジャック(jacque)と呼ばれる上着が小型化したジャケット(jaquette)というフランス語が語源とされ、欧米では「短い上着」を指すのが一般的とされる。ジャケットには他にCDジャケットやレコードジャケットのように「物を被い包むもの」という意味もあります。

フィールド・ジャケット(field jacket)

野戦用の上着のことをフィールド・ジャケットと呼びます。防水性があり、主にカムフラージュプリント施された布地でつくられ、機能的なポケットがついています。もとは陸軍の戦闘服であったが、レジャーウエアやタウンウエアとして採用されました。

ダウンジャケット(down jacket)

ダウンジャケットとは、ダウン(羽毛)入りで、キルティングが施された生地でできたジャケットのこと。軽くて暖かいのが特徴。
元は防寒着、作業服の一つだったが、1970年代から街着、遊び着として広まりました。


ライダースジャケット(rider's jacket)

ライダースジャケットとは、ウエスト丈のジャンパーで、オートバイに乗るために工夫されたもの。
折り返しの襟、斜めにつけられた前のジッパー留め、裾のベルト留めなどが特徴。
俗にレザー製のものを「革ジャン」などとも呼びます。

テーラードジャケット(tailored jacket)

テーラードは「男ものの仕立て」という意味で、スーツなどの紳士服の作り方を生かした背広型の上着の総称。
きわめてベーシックなメンズジャケットの代表的存在です。

カバーオール(coverall)

シャツジャケット型の上着を代表するジャケットの総称。本来は作業用の上着の一種を指す呼び名ですが、現在ではワークウエアタイプのものから、キレイめなタイプのものまで、様々なカテゴリーに対応するデザインがあります。一般的にはカバーオールジャケットなどと呼ばれていますが、カバーオールに複数形を表す「S」を付けてカバーオールズとなると、上下がつながった「つなぎ服」を意味する呼び名となります。
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

フレッドペリー [メンズファッション]

フレッドペリーは、言わずと知れた有名ブランドです。
日本においては1970年にはじめてフレッドペリーが上陸。

じつは、そもそもテニスブランドとしてスタートしたブランドでもあります。

「ウインブルドンの名品・日本に上陸 … 胸に輝く栄光の16葉」をキャッチフレーズに、白を基調とした気品あるテニスウェアとして広く認知された。

1972年にはデビスカップ日本チームの公式ユニフォーム、1976年からはフレッドペリージャパンオープンとして国際テニス大会を開催するなど、テニスブランドとして確固たる地位を築きました。

そしてポロシャツブーム。

1980年代から1990年代前半にかけて若者を中心に、月桂樹のワンポイントの半袖ポロシャツが何度かブームとなり、1990年代半ばからはスポーツカジュアルウェアとして、テニスだけでなくトータルスポーツファッションを目指しました。
nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

メンズジャケットの種類 [メンズファッション]

ジャケット メンズ

ジャケットの種類

ジャケットとは「上着」の意味で用いられる言葉ですが、その範囲はとても広く、ジャケットと呼ばれる種類もきわめて多いのが特徴です。

ウエスト丈のジャンパーと呼ばれるものからハーフコート風のものまで、またカジュアルなものからドレッシーなものまで多彩な種類があります。

もともとは中世の男性用胴着であったジャック(jacque)と呼ばれる上着が小型化したジャケット(jaquette)というフランス語が語源とされ、欧米では「短い上着」を指すのが一般的とされる。ジャケットには他にCDジャケットやレコードジャケットのように「物を被い包むもの」という意味もあります。

フィールド・ジャケット(field jacket)

野戦用の上着のことをフィールド・ジャケットと呼びます。防水性があり、主にカムフラージュプリント施された布地でつくられ、機能的なポケットがついています。もとは陸軍の戦闘服であったが、レジャーウエアやタウンウエアとして採用されました。

ダウンジャケット(down jacket)

ダウンジャケットとは、ダウン(羽毛)入りで、キルティングが施された生地でできたジャケットのこと。軽くて暖かいのが特徴。
元は防寒着、作業服の一つだったが、1970年代から街着、遊び着として広まりました。


ライダースジャケット(rider's jacket)

ライダースジャケットとは、ウエスト丈のジャンパーで、オートバイに乗るために工夫されたもの。
折り返しの襟、斜めにつけられた前のジッパー留め、裾のベルト留めなどが特徴。
俗にレザー製のものを「革ジャン」などとも呼びます。

テーラードジャケット(tailored jacket)

テーラードは「男ものの仕立て」という意味で、スーツなどの紳士服の作り方を生かした背広型の上着の総称。
きわめてベーシックなメンズジャケットの代表的存在です。

カバーオール(coverall)

シャツジャケット型の上着を代表するジャケットの総称。本来は作業用の上着の一種を指す呼び名ですが、現在ではワークウエアタイプのものから、キレイめなタイプのものまで、様々なカテゴリーに対応するデザインがあります。一般的にはカバーオールジャケットなどと呼ばれていますが、カバーオールに複数形を表す「S」を付けてカバーオールズとなると、上下がつながった「つなぎ服」を意味する呼び名となります。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

メンズ通販 [メンズファッション]

よりお得にメンズ通販を楽しみたい方におすすめの情報です。

ただ安いだけではなく、厳選した長く愛用できる商品と
お買い物を楽しめる特典が多くあるメンズ通販です。

お客さんが安心してお買い物できるように、いろいろな工夫をしています。

流行り物から5年先まで愛用できるメンズファッションをお探しの方にオススメのショップです。

メンズ通販を気軽に楽しみたいとういあなたは必見です!

メンズ通販

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

Tシャツのメリット [メンズファッション]

Tシャツはコストが安い為、デザインやシルエットなど良いものを比較的安価で購入することができます。

取り扱いの面は、しわになりにくくアイロンがけも不要。手のかからない扱いやすさも大きなメリットです。


・Tシャツの首周りの種類
クルーネックTシャツ
丸首とも呼ばれる最もスタンダードな丸いライン

ヘンリーネックTシャツ
ボタン付きのシャツ。ボート競技の体操着が元になった。

VネックTシャツ
文字通り襟元がVラインになっているシャツ。キレイめなスタイルに用いられることが多い。

UネックTシャツ
Vネック同様に襟元がUラインに開いたシャツ。

ボートネックTシャツ
クルーネックを横に軽く引っ張ったような形で、船底の形に似ているネックラインが特徴的。

タートルネックTシャツ
襟が首まで隠れるほどにあるデザイン。ハイネックとも呼ばれセーターのデザインとして主に使用されることが多い。

Tシャツ

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ジャケット [メンズファッション]

ジャケット (jacket) は、ファッション上着の種類。

ジャケットは、広いカテゴリーであり、さまざまなものが含まれる。

通常、ジャケットはそでつき前開きだが、まれにプルオーバー(頭からかぶる)もある。
ジャケットの丈は短く、短いものではウェストライン程度で、ヒップライン程度のものが多い。

ジャケットより長いものはコートとなるが、部分的に重複する。


ジャケットの歴史

古くはバケツ(bucket)やカツレツ(cutlet)などと同様にジャケツという
日本語化された表記・表音が用いられたが、現在では「ジャケット」にほぼ統一されている。


ダウンジャケット

ダウンジャケットとは、羽毛(ダウン)を使ったジャンパースタイルの防寒着のこと。
ナイロン素材の生地をキルティング加工し、内部に羽毛を詰める。

羽毛の特徴である保温性に加え、体から出る汗を放出する特徴があるため、
極寒地での作業服などとして用いられてきた。

またダウンゆえのその軽さも(ダウンはフェザーの十分の一の軽さ)特筆される点である。
日本では1980年代に、アメリカ空軍パイロットの防寒着をモチーフとした衣料がヒット商品となり広く普及した。

最近ではタウン着としても広く愛用され、ダウンジャケットが愛用されている。


ジャケット

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

デニムパンツの特徴 [メンズファッション]

ジーンズ(デニムパンツ)

ジーンズとは、ジーン生地つまりデニム生地を使用して作られたパンツのこと。
かつては日本ではGパンという呼び名が一般的でした。

これはG.I.が履いていたパンツでGパンとなったという説。

ジーンズを日本に紹介した人物が、ジーンのパンツの意味で「Jパン」と
名づけようとしたが、元の発音に近い「Gパン」を代用したという説。

「ジーン生地のパンツ」を略して「ジーパン」となり、
「ジー」に「G」を当てて「Gパン」となった、など様々な説があります。


ジーンズ(デニムパンツ)のダメージ加工

履き古したような色あせやキズや皺(ヒゲ)などの風合いがジーンズの魅力の一つ。

わざとやすりやナイフでキズを付けたり、何度も洗濯機で洗ったり、
接ぎ当て、刺繍を入れるなど様々な方法でジーンズにわざとダメージを加え、
個性的なジーンズを作り上げ、魅力をアピールする。

これをダメージ加工という。

昔は自分のジーンズに自分でダメージ加工を施していくのが一般的でしたが、
今では製造の段階でダメージ加工を施したものが多く販売されています。

ただ、ダメージ加工はデニムの生地を痛めるため、
通常のジーンズよりも耐久性が落ちるのは言うまでもない欠点です。


ジーンズ(デニムパンツ)の生地の厚み

生地の厚みをジーンズでは「オンス(OZ)」という単位で表されます。
ジーンズ一本の重さではなく1平方ヤードの生地の重さを表したもの。
一般には「オンス=生地の肉厚」と思われていますがそれは誤りです。

1オンス = 28.3g弱。1平方ヤード = 0.84m2。

一般的には14オンスほどの厚みが多く、しなやかな履き心地がある。
厚いほど生地は硬くゴワゴワし、馴染むまで時間がかかる。

その硬さは洗濯し天日干しすると、壁に立てかけられるほどである。
まさに丈夫で破れにくいのだが、夏場は非常に暑い。

一方作業着ではなく、ファッションアイテムとしてのジーンズでは
12.5オンス、11オンスなどが一般的です。

スキニージーンズ(スキニーデニム)

脚にぴったりとフィットした、超タイトなジーンズ。

スキニーは「骨と皮ばかりの」という意味で、
これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」と呼ばれていたが、
それよりもさらに細いということを強調してスキニージーンズと称している。

メンズデニム

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ベスト [メンズファッション]

ベスト(vest)

ベストとは、日本でいう「チョッキ」のこと。胴にぴったりフィットする袖なしで丈の短い衣服の一種。

ベストという言葉は主としてアメリカで用いられることが多く、英国でのベストは商用語また「肌着、シャツ」の意で用いられることが多い。

ベストの種類

ダウンベスト(down vest)

ダウンベストとは、羽毛(ダウン)を詰めたアウターベストの総称。

本格的なものではキドニーウオーマー(腎臓を温めるものの意)と呼ばれる後ろ裾が少し長めになったデザインが採用されており、これによって腰を冷やさない効果が生まれる。

ジレ(gilet)

ジレとは、胴着→チョッキ→ベストにあたるフランス語です。もともとは17~18世紀に西欧で男性が着用した装飾的な胴着を指します。

現在では、英語のベストの同義語として用いられています。フランス語では他にカーディガンや女性の肌着などの意味もあります。

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ジャージ [メンズファッション]

ジャージとは、糸を編むことで伸縮性を持たせたメリヤスと呼ばれる布で作られた衣類のことである。
(※メリヤスとは、縦横方向ともに伸縮性のある布、またはメリヤス編みのこと。日本の服飾業界やファッション用語としてはニットと同義で扱われニット製品全般のこと。)

伸縮性に優れた素材の、スポーツのユニフォームやトレーニングウェアに多く使われます。

ジャージの語源はイギリスのジャージー島の漁師の作業着の生地のこと。

他の呼び方として「トラックジャケット」とも呼ばれ、ファッション業界ではジャージよりもトラックジャケットと呼ぶことの方が多い。

ファッションとして着用する際は上着だけ使うことがほとんどで上着だけでジャージと表現します。

ストリートファッションでジャージは大変な人気で、様々なブランドからオリジナルのジャージが多く販売されています。

日本では「学校の体育競技に着用する衣類」というイメージが1番強い様に思います。

おしゃれジャージ

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション

ポロシャツ [メンズファッション]

ポロシャツとは、襟付きのシャツの名称。

襟元にボタンやジッパーが付いており、全開に前が開かないプルオーバー型となっており、頭から被るようにして着用します。
ボタンなどが付いていないポロシャツを『スキッパーポロシャツ』と呼びます。

台襟が付いたものや襟にボタンが付いたボタンダウンポロシャツ、襟と袖の色違いであるクレリックになっていたり、袖口や胸ポケットが付いた物もありワイシャツとの関連が深い。

素材は鹿の子編みの綿100%素材が主流となっておりまっすが、麻や化学繊維(ポリエステル、アクリルなど)が混紡されている物もあり、比較的丈夫で吸汗性に優れているのが特徴です。


ポロシャツのデザインの進化

襟にラインを施したり、胸元にワンポイントの刺繍が入っていたりと、ポロシャツは本来、清潔な印象のシンプルなデザインが主流でした。

最近のファッション業界でのポロシャツの特徴としては、

ダメージ加工 : 洗い(ウォッシュ加工)をかけて色落ちさせたり、手作業で襟の淵をわざと解れさせユーズド風にアレンジ。

2枚襟 : 襟の下にもう1枚、本体と異なる生地や色の襟を重ねて縫合されている。

プリント : ロゴや文字などを様々な部位にプリント。(前身頃・背中・袖口・襟裏などあらゆる部位にプリントをデザインして個性的な印象を表現します。)


ポロシャツの代表的なブランド

ラコステ / ラルフローレン / フレッド・ペリー / ジョンスメドレー

ポロシャツ

nice!(0) 
共通テーマ:ファッション
前の10件 | - メンズファッション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。